住宅ローンでお悩みの皆様、「任意売却」という方法があります!

任意売却

  • 任意売却とは
  • 任意売却のメリット
  • 競売のデメリット
  • 競売との違い
  • 任意売却の費用は?
  • 任意売却のながれ
  • 任意売却後のローンは?

競売にかけられた方へ

  • 競売にかけられた方へ

リースバックのご案内

  • 売却しても賃貸で住み続けることができます!

不動産投資家の皆様

  • 投資家様を募集しています

過去の解決事例

  • 過去の解決事例01
  • 過去の解決事例02
  • 過去の解決事例03
  • 過去の解決事例04
  • 過去の解決事例05
  • 過去の解決事例06
  • 過去の解決事例07
  • 過去の解決事例08
  • 過去の解決事例09
  • 過去の解決事例10

お役立ちメニュー

  • 任意売却の専門用語集
  • 重要書類の説明
  • よくあるご質問
  • リンク
  • お問合せ
  • 苦情受付

---


---

協会案内

---

〒838-0132
福岡県小郡市光行366番地1

TEL:0120-227-444

  • バス「光行」停 徒歩4分
    西日本鉄道「端間」駅より
    徒歩30分

---

協会写真

---

マップ

---

 

  競売のデメリット

近隣相場より安く売却される可能性が高くなります。

任意売却時と比べ、売却価格が市場よりもかなり安くなってしまうということは、その分残債は多くなってしまいます。

一般的には、近隣相場の2~3割ほど安く取引されることが多いようです。それと引越し費用等の交渉が一切できないということです。


競売後も残債の支払い義務は継続します。

競売で自宅を失い、残った債務は自己破産をしない限り、この残債を支払わなければなりません。

また、当面の生活費用や引越し費用もお客様が準備しなければいけません。


近所に対して周知の事実となってしまいます。

どなたでも自宅が競売にかけられてしまうと心に深いキズが残ります。

物件についても裁判所で公示されるだけでなく、新聞やインターネットなどにも掲載されます。

また、たくさんの不動産業者や買取希望者が近所を聞き込みに回ったり、チラシを配ったりします。

これでは、売却を内密に行うことは難しいです。


落札まで時間がかかることもありますが…

場合によっては落札まで数年かかることもあります。

しかし、落札されるまでの間住み続けることが出来るでしょうか?

いつ落札されるのかと落ち着かない日々を送ることになります。

任意売却の専門家によるスピーディーな対応で1日も早い新しいスタートをお約束
ページの先頭へ